top > gallery > 王国・秋田が誇る!道祖神クエストの旅へ。これが秋田人形道祖神アート!

これが秋田人形道祖神アート!

秋田県マップ   1 大館市の人形道祖神

2 能代市の人形道祖神

3 男鹿市のナマハゲ

4 仙北市の人形道祖神

5 大仙市の人形道祖神

6 美郷町の人形道祖神

7 横手市の人形道祖神

8 湯沢市の人形道祖神

王国・秋田が誇る道祖神クエストの旅へ!
クリックすると絵と道祖神の写真を比較いただけます。Please click to enlarge.

1 大館市 Odate

小雪沢のドジンサマ 男神 小雪沢のドジンサマ・男神
大館市内から小坂を抜け、鹿角へ延びる樹海ライン沿いに点在する道祖神のひとつ。失われた手をどうしても付けたくなった。原始的な姿をみると感動する。
  小雪沢のドジンサマ 女神 小雪沢のドジンサマ・女神
ベンガラの赤は「猛毒だから気をつけて」と教えてもらった。手や服にすぐついてしまうが、毒の赤は美しい。毎年描かれる顔が一定しないのが面白い。

山田のジンジョサマ 男神 山田のジンジョサマ・男神
(赤坂常会)

1集落に8ペアの神様、合計16体の神様が集中する山田集落。旧暦10月末日の前日に行われる「ぶっつけ」が凄い。皆で作り上げていく様子に感動。力強さを色彩で表現。
  山田のジンジョサマ 女神 山田のジンジョサマ・女神
(赤坂常会)

道祖神の中でも人間の形状に近いため、神々しさをどのように表現するかが制作のポイントになった。

松峰のニンギョサマ 武蔵坊 弁慶 松峰のニンギョサマ
武蔵坊 弁慶

3体の神様が祀られる松峰集落。鉱害によって集団移転した歴史がある。作り替え行事と町内の巡行を取材させてもらった。
  松峰のニンギョサマ 源 義経 松峰のニンギョサマ
源 義経

3体のうちの一体。真ん中。巡行中、首回りにお供えとして刺されるきりたんぽを見、「まさに秋田の風景!」と感動。あとで皆さんで食べられるという。

松峰のニンギョサマ 那須 与一 松峰のニンギョサマ
那須 与一

3体のうちの一体。一番背が高い。巡行中に日が暮れ、顔の周囲に挿されたロウソクの炎が浮かび上がり、異国のような祭りに思えた。
     

このページのトップへ

2 能代市 Noshiro

小掛のショウキサマ 男神 小掛のショウキサマ・男神
村の入口に男神、山側の出口に女神が鎮座する。手が長くミノムシのようにフサフサした胴体。とてもユニークな姿は何度でも絵に表現したくなる。
  鶴形のショウキサマ 下・男神 鶴形のショウキサマ・下・男神
集落に6体(男女半々)が鎮座。全て異形で怖い印象がある。駅の周囲に点在している為、歩いて周回が可能。

このページのトップへ

3 男鹿市 Oga

男鹿のナマハゲ 男鹿のナマハゲ
男鹿市を中心に約80の集落で行事が行われている。道祖神が終わればナマハゲの世界を調べ描いていきたいが道祖神がなかなか終わらない。
     

このページのトップへ

5 大仙市 Daisen

鶴田のショウキサマ  鶴田のショウキサマ
ワラで美しく編み込まれ、とてもユーモラスで可愛らしい姿。一度休眠されたが最近復活した。会いに行きたい神様。
  中荒沢のショウキサマ 下 中荒沢のショウキサマ・下
小さな祠にギュッと収められ、体のつくりがずっとわからなかった神様。おっぱいやへそ、膝に使われる小さめのサンダワラが可愛らしい。ミノボッチが特徴。

北観音堂のオニョサマ 北観音堂のオニョサマ
人目に付かないよう置かれている。兜が外されたお顔はとても精悍。見事な彫りのお面は一見の価値あり。現在全体の作り直しに向けて準備中。
  上小曽野のオニョサマ 上小曽野のオニョサマ
彫りが素晴らしく、悪霊退散が可能に思えるほど迫力満点。オニョサマ立てで歌われるゴスペルのような歌も、ずっと耳に残る美しい音色。

夏瀬のお面 夏瀬のお面
八幡神社に置かれている2つのお面のうちの1つ。何とも言えない表情が印象に残る。
     

このページのトップへ

6 美郷町 Misato

本堂城跡のショウキサマ 本堂城跡のショウキサマ
本堂城の広大な跡地に鎮座する。春は菜の花で黄色に染まる風景に感動する。カリスマリーダーのSさんが亡くなられた後も皆様が引き継いで毎年1回新調される。
     

このページのトップへ

7 横手市 Yokote

末野のショウキサマ 末野のショウキサマ
カシマ立てとカシマ流しが同日に行われる貴重で稀有な集落。リーダーのSさんの情熱に触れ、時に感極まることも。鹿島人形コンテストが開催される等、秋田の中でも熱い集落。
  中ノ又のカシマサマ 中ノ又のカシマサマ
末野のすぐ近く。昭和40年代の生活改善運動でカシマ流しができなくなり、カシマ立てに進化した。現代風にアレンジ・進化していくのが特徴か。

田代沢のカシマサマ 田代沢のカシマサマ
秋田県最大の道祖神。桜が散り始める頃、作り直しが行われる。目の前の源泉掛け流しの温泉も個性が強く肌に効く。
     

このページのトップへ

8 湯沢市 Yuzawa

末広町のカシマサマ 末広町のカシマサマ
水神社の裏に鎮座するその姿に圧倒される。近くに2体のカシマサマも鎮座。4月の作り替え時は集落の皆様が集まり、その様子は壮観。メジャー級の道祖神。
  若畑のニンギョウサマ 若畑のニンギョウサマ
年に3回も作り替えが行われる。まさに若畑パワー。他に小さなワラニンギョウを2体、村の境界に置く。「ツツコ」を初めて教えてもらった。

オッペチのカシマサマ オッペチのカシマサマ
取材で最も驚かされた道祖神。「ガモ突き」がすごい。忘れがちだがガモ(男根)が本当のご神体。美術館展示用にレプリカを作って頂く中、集落の皆様と親睦を深めることができ大感激。
  白沢のニンギョウサマ 白沢のニンギョウサマ
ニンギョウサマの中でもその造形が大変可愛らしい。周辺には複数のニンギョウサマが点在し、「道祖神女子」にとってまさに聖地。

このページのトップへ
イラストレーターなのに!?道祖神を有名にしたい奮闘記!

概 略

 私はイラストレーターですが、実はイラスト以外にも、「秋田人形道祖神プロジェクト」(以下、ANP)を引っ張っていくため企画やディレクション等を担当しています。「なんでイラストレーターの私が!?」と最初戸惑いましたが、やらざるを得ない状況になり、少しずつできる範囲が増えていき、気づいたらディレクション担当に。表に出ることはありませんが、裏では相当に汗をかいているので、その奮闘記をご紹介いたします。

 今でこそ「人形道祖神」の認知はあがりましたが、同プロジェクトを始めた2018年当時、秋田県内でさえ「人形道祖神って何?」という状況でした。きっと、私と同じように地元の文化遺産や特産品を広めたい方もいらっしゃると思いますので、ご参考になれば幸いです。

ANPについて

 ANPは執筆担当の小松氏と私と2人で営んでいます。彼は図書館や古本屋で古書や研究論文を探し出し、日々情報を収集しています。新しい道祖神の存在がわかれば「調査に行きましょう!」と地元の方にアポイントを取り、いざリサーチへ。
 私はそんな彼の姿を見、彼の道祖神に掲げる情熱や調査実績が、秋田県外に出ることなく終わってしまったらとても勿体ないと思いました。私自身も人形道祖神の魅力にハマリ、だったら、このユニークな神様をなんとかして世に出るきっかけを作ろう!と決意しました。
このページのトップへ

書籍や記事の編集作業

 一般の方向けの新聞や書籍制作では、郷土史研究家の小松氏が執筆した原稿を一番にチェックします。文化遺産をリサーチするという、どうしても専門家向けになりがちな世界。あがってくる原稿は一般の方が読んでわかりにくかったり、もっと整理した方がよい時もあったり、勿論一発OKの場合もありますが、毎回方向付けを行っています。わかりにくい箇所があれば何度も修正を依頼したり、文章が足りなければ自分で取材したものを提供することも。修正目的を小松氏に伝えると、理解し対応してくれるので、おかげで書籍や秋田魁新報で連載中の「ハラカラ」記事等、全体的なブラッシュアップが可能になりました。

 ハラカラ紙面書籍「村を守る不思議な神様1」を作った際は、小松氏も私も「道祖神ビギナー」だったので、皆様と同じ目線で謎を解いていく過程を書くことができました。今読んでもとても面白いです。(絵はブラッシュアップしたいですが!)続巻「2」では、だいぶ経験値があった為、取材内容をメインに文章に落とし込んだり、小松氏が持っている歴史的背景や考察を盛り込んだりする手法を取りました。「1」に比べて専門的領域がかなり増えました。「1」と「2」と、どちらの手法がよいかは賛否両論ですが、両方の本をご購入いただいた方々が「1巻をとても面白く読んだ。2巻はまだ読めていない」という意見もあったりし、「2」を進化させたらさらに良くなるのではないか感じています。(勿論「2」も、民俗学や歴史に興味があれば抜群に読み応えがあります!)

 「2」の制作時、原稿が大幅に遅れ、短期間でイラスト制作を進めざるを得なかったこと、また当時小松氏に取材を全面的に任せていたこともあり、最低限の意見を述べるに留まりました。このときの悔しさが、私自身のリサーチの取り組み方を変えることになります。

 またイラストレーターなので当たり前かもしれませんが、原稿に合わせて必要なイラストを自ら考え制作しています。たまに小松氏より「挿絵が多すぎるのでは」と指摘がありますが、読者の皆様から「わかりやすい」「手に取りやすい」というご意見が届いており、「歴史的・民俗学的なわかりにくい世界だからこそ、多めの挿絵やその難解さを払拭させる大胆なイラストが必要」だと感じ、暫くはこのままいってみようと思います。

 写真では他の民俗学的資料に埋もれてしまう可能性が高く、歴史的な文化遺産であるからこそ、斬新にポップな要素を加え、「世界にも通用するクールなカルチャー」として新しい方々にも興味を持っていただけることを目指しています。
このページのトップへ

取材のスタンス

 ANPの2人で取材しています。小松氏が歴史的・地理的な背景などインタビューを通じてリサーチ。私は集落のおじさまやおばさまとの普通の会話から生まれる言葉や情報をメインにリサーチしています。

 集落の皆様は取材に慣れておらず、調査上の形式的な質問に対して答えに窮したり、話しにくそうな場面をよく見かけました。そこで私は、集落での井戸端会議やふとしたおしゃべりに加えてもらい、生の声を拾うようになりました。普段の「おしゃべり」が一番活き活きしています。取材先の作業場では端から端を飛びまわり、お一人お一人にヒヤリングしていると、ふとしたタイミングで物凄い情報を結構な頻度で頂けるので、その度に小松氏と共有しています。最近では秋田の方言がわかるようになり、取材がやりやすくなりました。

 そんな対話から生まれる「ドラマ」。実際に文章を提供することでいい結果を生み出しています。(例:「アマビエよりカシマサマでしょ」(秋田魁新報社 ハラカラ))

堅実の小松、攻めの宮原

 ハラカラ紙面「うちでイベントをやってみませんか」と有難くも企画のお話を頂くようになりました。最初にお互いの意見を出し合い、専門的内容は小松氏へ、一般の方向けにわかりやすく伝える必要があれば私が担当します。

 小松氏は秋田県内の造詣が深く、饒舌で、調査やリサーチを得意とする一方で、それらを活かすためのわかりやすい解釈や、堅実な調査ゆえの大胆なアイデア思考、全体の工程管理が苦手です。一方私は、お金の管理や集落の長老との連絡係(言葉のイントネーションや県外出身という理由もあり)、話下手、さらには地理感などが苦手です。そこで、私たちはお互いの不得意な部分を助け合い、得意分野を活かすようにしています。お互いの特徴がよくわかるエピソードをご紹介します。

 首都圏の美術館から「3体ほどの人形道祖神を展示したいので作ってくれないか」と打診がありました。結果的には7体の神様と1艘の鹿島船が展示されることに。当初「先方が希望する3体でいいのでは」と小松氏。「予算との調整が必要だが、インパクトを残せるようにもっと展示したい」と私。「今までの取材を通じて信頼関係を築くことができた集落の皆様にお願いしよう」と小松氏。「首都圏の皆様が初めて道祖神をみる機会なので、インパクトがある神様、私が初めてみて感動した神様からお声をかけよう。信頼関係がまだ構築されていない集落でも、企画書を持参し相談に伺ってみよう」と私。ある程度制作が決まった段階で「もうこれでいいのでは」と懸念を示す小松氏を説得することも。最終的に「宮原がそこまで言うならばやってみよう」となり、その後は積極的に対応してくれました。

 各集落の皆様へ小松氏にアポイントを依頼、私は企画書を準備。そして2人でご相談に伺いました。今回の制作を通じて、集落の皆様との強固な信頼関係を築くことができたのでよかったと思います。とはいえ、お連れする道祖神が増えた分、運送や費用など負担が増えてしまいました。しかし、小松氏が知り合いの運送屋さんにアポイントを取ってくれたり、経理や集落の皆様との連絡係を率先して担ってくれたりし、お互い力を合わせて難局を乗り越えることができました。

 小松氏が積み上げていくリサーチの結果を、「よりわかりやすく解釈する」「解釈したものを企画にする」「ビジョンをつくり動いていく」という活動を担うのが私で、企画がゆっくり動き出してくると、着実に進んでいけるように小松氏が助けてくれます。小松氏がいなかったら、只の企画に終わっていたかもしれません。こんな凸凹コンビが3年目を迎え、少しずつ「人形道祖神」が知られるようになってきました。今後も「人形道祖神、知っているよ!凄い文化だよね」と言われることを目標に邁進してまいります。
このページのトップへ

WEB化

 dosojin.jpANPの活動を世に広く知っていただける大きな原動力は、何と言っても公式サイトの存在です。
「グッドデザイン」として、様々なサイトで紹介されている「dosojin.jp」。2018年、秋田市に事務所を置くneccoさん(ブランディングデザイン会社)と交流していた私は、原画を片手に人形道祖神の魅力を熱く語っていたところ、その様子を面白く思った社長の阿部さんから「道祖神のサイトはあった方がいいと思う。僕たちが手伝うよ」と声をかけてくださいました。

 「最終形はこんな風にしたい」と最低限のぼんやりしたビジョンを伝えただけで、サイトのデザインやディレクションは全て阿部さんにお任せし、2019年4月にリリースされました。「まるで本を読むようなwebサイトだ」と今でも評判だとか。凄すぎるサイトができ、私は喜々とブログをアップし始めました。最初はイベント告知がメインでしたが、少しずつ「読み応えがあるようにしたい」「私の強みであるイラストを増やしたらどうだろう」と試行錯誤しながら書き始めました。取材のこぼれ話や、「今ここで書かなかったら誰も知らないことになってしまう」と思い、取材先で教えてもらったことなど具体的エピソードを紹介するようになりました。

 そして、「ブログ読んだよ〜」と声を掛けてくださるようになりました。昨年東京オフィスに移住したneccoの阿部さんやデザイナーの今さんに「ブログを読んでますよ。(ネット情報ではなく自分達の足で稼いだ)第一次情報というのがすごい。(→小松氏の執念と運転のおかげ)」「少子高齢化でますます厳しくなる道祖神づくりを、写真等アーカイブとしてサイトを利用したらいいと思うよ」とアドバイスを頂きました。以前はほぼほぼ道祖神のことを知らなかった阿部さん達が、より深く道祖神のことを知ってくれていることに驚き、そして感激しました。「伝わっている・・・!」誰もが知らない道祖神の魅力溢れる情報を、これからも発信してまいります。

このページのトップへ