top > Work(文芸 literary work)


最新のお仕事はこちらからどうぞ You can see my latest works.>>
※画像をクリックいただくと拡大版をご覧いただけます。You can see an enlarged image by clicking.

文芸 literary work  /  雑誌 magazine  /  広告・プロダクト ad & product  /  アート作品 art work  /   wedding



< 文芸・ビジネス書 Literary and business book 2 >

どきどき 森の香り どきどき 森の香り 「どきどき ショートストーリー」 挿画連載
斎藤 由香氏著 ソーシャルサービス「どきどき」 2014〜
シニア様向けの冊子「どきどき」で連載されている人気小説の挿絵です。60手前のバツイチ女性が模索する”大人の女性”の生き方が描かれます。ADは坂川事務所の坂川朱音さんです。詳細はこちらから related info>>
This is a serial story for the senior generation.  The heroine is in her 50s and a divorcee.
「森の香り」
50を過ぎ熟年離婚をした女友達二人で軽井沢へ旅をする
「人生のピーク」
女友達の若い恋人の話を聞き自分に照らし合わせてみる
「貴船のぼたん鍋」
かつての恋人に会いに京都へ向かう
「同級生」
女友達たちの恋の逢瀬に刺激を受けるヒロイン
「大晦日のときめき」
京都の恋人との再会を心待ちにしている
「母との会話」
年老いた母親とケンカ腰の不穏な正月を過ごす

どきどき 森の香り   どきどき 人生のピーク   どきどき 人生のピーク   どきどき 人生のピーク   どきどき 貴船のぼたん鍋   どきどき 貴船のぼたん鍋   どきどき 貴船のぼたん鍋   どきどき 同級生
 
どきどき 同級生   どきどき 同級生   どきどき 大晦日のときめき   どきどき 大晦日のときめき   どきどき 大晦日のときめき   どきどき 母との対話   どきどき 母との対話   どきどき 母との対話

女神のタクト 女神のタクト 「女神のタクト」 装丁イラスト
塩田武士氏著 講談社 2014
舞台は神戸。瀕死状態の楽団をヒロインは立て直すことができるのか!?思わず吹きだしてしまうドタバタコメディであり、オケ運営の豆知識もあり、最後の壮大なクライマックスに涙もあり。BDは大久保明子さんです。詳細はこちらから related info>>
The story is that a strong-minded woman is hired as a staff of a band by accidental meeting with a old man. The band was on the verge of death, so she had to give a young conductor a charge to make a go of the band.
Also you can learn about the difficult manage of an orchestra in Japan.
女神のタクト

ボルケイノ・ホテル ボルケイノ・ホテル 「ボルケイノ・ホテル」 装丁イラスト
谷村志穂氏著 光文社 2014
装丁イラストを担当させていただきました。谷村さんの「六本木給油所」の挿画を以前担当させて頂いたことがあり、その一編が含まれる短編集です。アラフォー女性が抱える現実が的確に表現され、各話毎に切なさ、絶望感、希望を感じずにはおれない谷村さんの至極の短編集です。BDは鈴木久美さんです。詳細はこちらから related info>>
The illu is for the book "Volcano Hotel" by a author Tanimura Shiho. In this book you can enjoy the following collection of 7 short stories.
ボルケイノ・ホテル   ボルケイノ・ホテル   ボルケイノ・ホテル   ボルケイノ・ホテル                

コフレwebサイト 「コフレwebサイト」
祥伝社 2014
毎月1・15日に更新される無料のwebマガジンサイト「コフレ」。webサイトのイラストを担当させて頂きました。コフレはフランス語で小箱という意味です。箱の中にたくさんの物語が詰まっている様子から着想を得ました。詳細はこちらから related info>>
Those illustrations are for the charge-free Web Magazine "coffret" of novels, essays and cartoons. It is run by Shodensha, which is a famous Japanese publisher. In Japan, we read novels in book form normally, so I think that the form of web-magazine is very new and a big challenge.  I feel honored to draw illustrations for "coffret" very much.
コフレサイトWeb Magazine "coffret"はこちらから>>>
コフレwebサイト   コフレwebサイト   コフレwebサイト   コフレwebサイト   コフレwebサイト   コフレwebサイト   コフレwebサイト   コフレwebサイト
 
コフレwebサイト                            

千の輝く太陽 千の輝く太陽 「千の輝く太陽」 装丁イラスト
カーレド・ホッセイニ氏著 早川書房 2014
全米年間ベストセラー第1位を記録した小説がついに文庫化。アフガニスタンを生きる二人の女性が主人公。個人的に心が揺り動かされた部門でNo1の小説でした。涙が止まらない衝撃の一冊。自らの生きる意味を問わずにはいられなくなります。BDは河合はるなさん。評判頂いた「ナタリー」以来再度タッグを組ませていただいた作品です。詳細はこちらから related info>>
The illustration is for the book "A Thousand Splendid Suns", which is translated into japanese. It made the best-seller list across America. When I read this, I can't stop crying ! It's very sad story but we can look hopeful through the ways of life of two heroines.

敬語で旅する四人の男 敬語で旅する四人の男 「敬語で旅する四人の男」 装丁イラスト
麻宮ゆり子氏著 光文社 2014
第七回小説宝石新人賞を受賞された、麻宮ゆり子さんの小説「敬語で旅する四人の男」が書き下ろしを含めて遂に単行本化されました。挿画から担当させて頂いた私にとって思い入れが強い作品です。四人の男たちの旅の話に笑い、時に涙し、ぐいぐい麻宮さんの妄想に巻まれていきます。BDは泉沢光雄さんです。詳細はこちらから related info>>
The illustration for the book "Four men who travel in japanese honorifics"
In the story 4 men, work for the same firm, travel along with each other in Sadogashima, Kyoto, Tottori and Atami. Each character has each problem, so they get power to face their problems through travel.
敬語で旅する四人の男

逃げろ光彦 逃げろ光彦 「内田康夫と5人の女たち 逃げろ光彦」 装丁イラスト
内田康夫氏著 講談社 2014
内田さんのかの有名なシリーズの装丁を担当させていただきました。構図は既にかたまっていて、後はそこから配色や構図の完成度をあげていくかの過程でした。ビビッドから落ち着いた配色への変化はとても勉強になりました。BDは坂川事務所の坂川朱音さんです。詳細はこちらから related info>>
The illustration for the book " Nigero Mitsuhiko ". The title means "Get away, Mitsuhiko". Mitsuhiko is a hero in Uchida's novel series. From what is he running away!?

蜜蜂と遠雷 蜜蜂と遠雷 「蜜蜂と遠雷」 小説挿画連載
恩田 陸氏著 PONTOON連載 幻冬舎 2014―
とある国内のピアノコンクールに参加している、様々な事情や思いを抱えたコンテスタントたちのストーリーです。才能あふれるハンサムなマサル・カルロス、 かつて天才少女と騒がれた栄伝亜夜、そして得体がしれない風間塵という三人を主軸として、ストーリーが展開していきます。こちらから制作エピソードなどご覧いただけます relaterd info>>>
A serial story titled  " Bee and Distant thunder " by Onda Riku in a periodical "PONTOON" of Gentosha. In this story, several participants in a international piano competition compete and are growing each other.
蜜蜂と遠雷   蜜蜂と遠雷   蜜蜂と遠雷   蜜蜂と遠雷   蜜蜂と遠雷   蜜蜂と遠雷   蜜蜂と遠雷   蜜蜂と遠雷
 
蜜蜂と遠雷   蜜蜂と遠雷   蜜蜂と遠雷   蜜蜂と遠雷   蜜蜂と遠雷   蜜蜂と遠雷   蜜蜂と遠雷   蜜蜂と遠雷
 

髪を編む 髪を編む 「髪を編む」 挿画
深緑野分氏著 PHP研究所「PHPスペシャル」 2014
深緑野分さん著「髪を編む」の挿絵を担当させていただきました。6月の雨の時節、姉と妹とのささやかな日常のストーリーなのですが、最後になるほど〜!と唸る仕掛けでとても面白く拝読いたしました。詳細はこちらから related info>>
Those illustrations are for the novel "braid her up". In the story an older sister always braids her sister up. She relies on her older sister...
髪を編む   髪を編む   髪を編む   髪を編む                

遠回りがいちばん遠くまで行ける 遠回りがいちばん遠くまで行ける 「遠回りがいちばん遠くまで行ける」 装丁イラスト
有川 真由美氏著 幻冬舎 2014
有川さんの、女性に向けての応援本「前に進めなくなったとき、道に迷ったとき、歩き疲れたときに読むエッセイの装丁イラストを担当させていただきました。デザインは、一度はお仕事をお伴させて頂きたかった石間淳さんです。軽やかな世界、これから自分の足で歩いていく旅の始まりのシーン、孤独や覚悟を、心の中に持ち合わせている様子を意識して描きました。詳細はこちらから related info>>
Title : " Making a detour is the way to go the furthest. " This essay is for women who can't move on, lost their way in life and feel tired of walking.
遠回りがいちばん遠くまで行ける   遠回りがいちばん遠くまで行ける                        

六本木給油所 「六本木給油所」 小説挿画
谷村 志穂氏著 小説宝石 2014
タイトルにあるガソリンスタンドが物語のキーになります。 ゆき子という30代後半の一人の女性を通じて、物語がゆっくり展開していきます。 素敵な作品と格闘できる喜びを、つくづく感じた時間となりました。詳細はこちらから related info>>
Title : "A roppongi gas station"
As the story unfolds, a woman who is in her late thirties, a gas station and a car associated with memories of her father are related to each other.
六本木給油所

あなたへの歌 あなたへの歌 「あなたへの歌」 装丁イラスト
楊逸氏著 中央公論新社 2014
日本と中国が舞台である「あなたへの歌」の装丁を担当させていただきました。「ピンクとグレー」(角川書店)、「ホテル・モーリス」(講談社)等数々のお仕事でご一緒させていただいた、ブックデザイナー鈴木久美さんと再びタッグを組ませていただきました。女性の切ない、相手を想う豊かで深遠な感情を表現したいと思いました。詳細はこちらから related info>>
Title : "A song for you." This story in which the heroine from China and her japanese boyfriend are getting married or not... They are overcoming their difficult situations. This novel is a suggestive novel about a international marriage.
あなたへの歌   あなたへの歌   あなたへの歌   あなたへの歌   あなたへの歌   あなたへの歌   あなたへの歌   あなたへの歌
このページのトップへ

文芸 literary work  /  雑誌 magazine  /  広告・プロダクト ad & product  /  アート作品 art work  /   wedding